その常識、変えてみせる。 SHIFT

ニュース

コーポレートニュース

11月25日開催の事業説明会にていただきましたご質問への回答

  • facebook
  • twitter
  • hatena bookmark

11月25日開催の事業説明会にていただきましたご質問への回答

2020年11月25日に開催いたしました事業説明会について、ご多用のところ、多くの株主の皆様にご参加いただきました。ご参加いただきました旨、当社一同厚く御礼申し上げます。

例年、事業説明会では、代表の丹下による登壇後、株主の皆様との質疑応答を開催しております。今年も例年通り開催を予定しておりましたが、昨今の新型コロナウイルス感染拡大状況を鑑み、当日ご来場いただきました株主の皆様、従業員およびそのご家族、事業説明会運営に関与いただいたお取引先様の安全および健康確保を最優先とする観点から、事業説明会の開催時間を1時間とさせていただだき、質疑応答の実施を、やむを得ず取りやめさせていただきました。
つきましては、事業説明会中に、ご参加いただきました株主の皆様よりオンライン上にてお預かりいたしましたご質問について、以下にて回答させていただきます。当日、事業説明会にご出席賜りました株主の皆様におかれましては、当社方針にご理解いただけますと幸いです。
改めまして、当日は当社事業説明会へのご参加、多くのご質問をお寄せいただきましたこと、誠にありがとうございました。今後とも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。


[ご質問1]
前期がプラットフォーム元年だったということですが、いつごろ目に見える成果としてあらわれてくるのでしょうか?売上1,000億円にはこの成長も必要だと思いますので、現状と今後の展望をお聞かせください。
[回答]
エンジニアを探している開発プロジェクトと、最適なエンジニアをマッチングさせるプラットフォームを前期に立ち上げ、数千万円規模の売上を上げております。
今期は専門部隊を組織し、また1万人を超えるエンジニア情報の蓄積が進むなか、SHIFTだからこそ貢献できる価値を突き詰め、今期さらなる活性化の推進をしてまいります。

[ご質問2]
配当はどうお考えですか?
[回答]
現時点においては、事業投資に利益を充当することが株主利益に資すると考えております。当社は、成長フェーズにあり、積極的かつ戦略的な投資を推進することで企業価値を高めるべき段階にございます。
今後の成長・事業展開に備え内部留保することにより、機動的な投資が可能となり、今後の成長・発展に貢献することができ、ひいては株主様の利益にも資すると考えております。
配当を含む株主還元につきましては、事業環境、企業フェーズなどを鑑みながら、適切なタイミングで実施してまいる所存でございます。

[ご質問3]
今年1,500名を採用するということですが、コロナ禍の状況で進捗はうまくいっていますか?
[回答]
弊社が取り組んでまいりましたさまざまなコロナ対策が多くメディアに取り上げられるなど、コロナ禍におきまして認知度向上につながったこと、また事業を鈍化させることなく、さらに成長を加速できていることが追い風となり、求人につきましても単月2,600名を超える応募をいただき、人材採用は引き続き順調に進捗しております。

[ご質問4]
第六号議案が否決されましたが、否決理由についてどのようなことが懸念されたのか教えてください。
[回答]
現段階において、当社にて反対理由は把握できませんが、社外協力者等へのSOの発行について、機関投資家の皆さまより反対票を多くいただいたと推定しております。
今回の結果を参考とし市場との対話を通じて、企業価値最大化というミッションを遂行すべく、ストック・オプション制度をはじめとした種々の施策の中から、有益な方法を再構築していく所存でございます。

[ご質問5]
ポテンシャルが充分にあるマーケットと思いますが、優先度をどうやって決めていますか?
[回答]
業界業種の動向をとらえつつ、トップ企業、成長企業、安定企業別にそれぞれ戦略を立て、サービス展開を進めています。よって、マーケット規模での優先度をつけるのではなく、全体を俯瞰した営業戦略を随時検討しております。

[ご質問6]
20%超えた利益を10%社員の給与に還元とのこと。いいことです。株主にも配当で還元してください。
[回答]
SHIFTの従業員にたいして、常に「やりがい」と「給与」という観点で人事施策を検討し取り組んでまいりました。これにより、採用力の強化、離職率の低下につながり、今後も継続して進めてまいります。
働く環境設計の根幹として従業員の「やりがい」と「給料」は重要な要素と位置付けております。こちらは、さらなるSHIFTの事業成長に向けたメンバーの採用、定着を継続的に強化すべく引き続き、取り組んでまいる所存でございます。
また、株主還元につきましては、[ご質問2]への回答をご確認くださいませ。

[ご質問7]
コロナ禍では担当者が捕まらず問合わせは多いものの受注までには至らないケースが多いと聞きます。コロナ禍の営業状況を教えてください。
[回答]
前期より営業組織の強化を推進している中、営業活動の「量」と「質」に成果が出始めてまいりました。
FY2020第4四半期の決算発表資料P17でもご確認いただけますが、コロナ禍において、新規のお客様数を大幅に増加することができたことは、営業強化の成果であると考えております。
参考:https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS95685/22ca225e/bff6/484d/9350/fdac9989f9e8/140120201008401421.pdf

以 上

<本リリースに関するお問い合わせ先>
株式会社SHIFT IR室
メール:ir_info@shiftinc.jp

PAGE TOP TOP PAGE