その常識、変えてみせる。 SHIFT

中長期戦略

SHIFTは、2025年までに売上高1,000億円を達成することを目標とした中期成長戦略「SHIFT1000」を掲げています。目標達成に向けた取り組みとして、3つの活動領域を軸に、加速度的な成長を目指して事業を推進しています。SHIFTが主力事業領域と定めるソフトウェアテスト(品質保証)の市場規模は、日本のソフトウェア市場15兆円のうち、おおよそ1/3にあたる5兆円です。当該市場に脅威となりうる競合がいないことから、この「ブルーオーシャン」のシェアをいかに素早く獲得できるかが、今後の成長におけるポイントであると考えています。

既存事業のオーガニックな成長

現在の主力事業であるソフトウェアの品質保証事業においては、「営業力」と「採用力」を基に、既存事業を順調に成長させてまいります。

1.採用活動

高まるサービス需要に対する供給力の強化・拡充にむけて、優秀な人材の獲得を目指した積極的な採用活動を実施しています。

SHIFTはIT人材不足の状況下においてもエンジニアを獲得しつづけるため、以下施策を実施しています。

  • 独自の検定ツール「CAT検定」の策定・導入
  • 動画面接の実施
  • リファラル採用の実施

なお、CAT検定の活用により、IT経験の有無に関わらず SHIFTで活躍できる優秀な人材を獲得することが可能です。同時に、非IT人材であってもSHIFTで業務経験を積むことで「IT人材」へと成長させることができるため、SHIFTの注力領域である採用の成功を実現するだけでなく、社会課題であるIT人材不足まで解消することができます。

2.営業活動

顧客の深耕開拓(1社あたりの売上高の拡大)と、 新規顧客の増加を目指し、営業体制を強化しています。営業体制の強化のための具体的アクションとしては、以下の通りです。

  • 営業人員数の拡大
  • 社外取締役 佐々木による監督
  • 徹底的な営業活動の可視化によるKPI管理

M&A戦略の強化

サービス体制の強化、ソフトウェア開発プロジェクトにおける一気通貫サービスの実現、サービス供給力の増強、顧客基盤の獲得などを目的とし、積極的にM&Aを実施しております。M&Aは、ソフトウェア開発領域での役割を細分化し、M&Aマッピングを作成。そのなかでターゲット領域、企業の選定を推進しています。

1.M&A候補先選定基準

  • 上記マッピングと照らし合わせ、SHIFTグループにとって新しい商材を持っている企業
  • 優秀なエンジニアが在籍していながら事業継承に課題を抱えている中小IT企業
  • 事業会社の顧客を持つ大型プライムベンダー
  • プラットフォーム事業(※)の構築に際し、必要となる商材(ヒト・モノ・カネの情報)を持っている企業
    プラットフォーム事業の詳細については、本ページの下部をご参照ください

2.M&A実施判断基準

実際のM&A実施に関する意思決定については、追加で以下の項目についても考慮しています。

  • 付加価値が高く、今後の単価向上が見込めるか
  • 顧客母集団を活用できるか
  • のれん負けせず、すぐに利益貢献できるか
  • 購入価格が割安か(EBITDA5倍~8倍程度を目安)

>>>グループ会社一覧

プラットフォーム事業

SHIFTは、ソフトウェアの品質保証事業を中心に、多岐にわたる事業を展開し、 IT業界に関するさまざまな知見を蓄積してまいりました。たとえば、業界・業種別のソフトウェア開発に関する知見、エンジニアに関するスキルと単価情報、 開発案件に関する発注額や与信情報など。これら蓄積した情報をもとに、エンジニアと開発案件のマッチングプラットフォーム事業の構築を予定しています。なお、プラットフォーム事業を展開するにあたり、情報セキュリティ方針や個人情報の取り扱いは以下に記載しております。

>>>情報セキュリティポリシー
>>>プライバシーポリシー

PAGE TOP TOP PAGE