その常識、変えてみせる。 SHIFT

ニュース

コーポレートニュース

株式会社サーベイジシステムの株式取得(子会社化)に関するお知らせ

  • facebook
  • twitter
  • hatena bookmark

株式会社サーベイジシステムの株式取得(子会社化)に関するお知らせ

ソフトウェアの品質保証・テストを手掛ける株式会社SHIFT(本社:東京都港区、代表取締役社長:丹下 大、以下「SHIFT」)は、ITインフラ設計、構築、運用、および保守に実績を持つ、株式会社サーベイジシステム(本社:東京都千代田区、代表取締役:武田 敏典、以下「サーベイジシステム」)の株式(持分比率100%)を、当社のグループ企業(連結子会社)であるALH株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:畠山 奨二、以下「ALH」)を介して取得することについて、2020年11月30日に決定いたしましたので、お知らせします。

1.株式取得の理由
SHIFTは、2009年にソフトウェアテスト事業を開始して以来、エンタープライズ領域からエンターテインメント領域に至るまで、さまざまな業界においてソフトウェアの品質保証サービスを手掛けてまいりました。また、売上高1,000億円を目指した中期成長戦略である「SHIFT1000」の実現に向け、営業体制の強化や様々な課題解決手段を持つ企業のM&Aに取り組み、品質保証を軸としたサービスの拡充を推進しております。加えて、さらなる企業成長と価値向上に向け、ソフトウェアテストの専門企業から顧客の売れるサービスづくりを支援する企業へとブランディングの転換も推進し、これまで以上に、お客様のビジネス成功にコミットするよう注力しております。

「SHIFT1000」の実現に向け、品質保証を軸としたシステム化計画からインフラ設計/構築、アプリケーション設計/開発、カスタマーサポートまでを含む、包括的なソフトウェア開発の品質保証を目指しております。また、包括的な品質保証サービスの提供により、不具合を出さないことだけでなく、ソフトウェア開発の高速化支援や、エンドユーザーから見た使いやすさの向上など、幅広い価値についてもお客様に提供したいと考えております。

そのような中、SHIFTは、お客様の売れるサービスづくりにコミットするうえで、ソフトウェア開発体制のパフォーマンス及び利便性向上に寄与できる、ネットワーク・インテグレーション領域(以下、NI)のサービス強化は重要な課題であると認識しておりました。今回のM&Aでは、ALHが従来より保有してきたNIの知見に加え、今後ますます高まる需要への対応に向けた専門性の強化および、顧客基盤の獲得を目的としております。

また、サーベイジシステムがALHの子会社としてグループ参入することで、ALHは、NIの知見強化に加え、顧客基盤の拡大を目指しております。

サーベイジシステムは、ALHの子会社としてSHIFTグループに参画することで、ブランド力の向上や顧客基盤の拡大、品質保証事業とのシナジー効果によるサービスのさらなる充実が可能となります。また、SHIFTグループの一員として、ガバナンス体制の強化を図ることで、より一層の成長を目指してまいります。

サーベイジシステムを加え、ますます拡大するSHIFTグループは、One-SHIFTとして一気通貫サービスの提供を通じ、お客様のあらゆるニーズに対応できるよう引き続き精進してまいります。

2.ALHの概要

(1)名称 ALH株式会社
(2)所在地 東京都目黒区目黒 1-24-12 オリックス目黒ビル 5F
(3)代表者の役職・氏名 代表取締役 畠山 奨二
(4)事業内容 ITソリューション
(WEBアプリケーション開発、インフラ・ネットワーク構築、脆弱性診断)
(5)資本金 9百万円
(6)設立年月日 2014年1月
(7)大株主および持株比率 バリストライドグループ株式会社 100%
(バリストライドグループ株式会社はSHIFTが持分比率100%を保有する連結子会社)

3.異動する子会社(サーベイジシステム)の概要

(1)名称 株式会社サーベイジシステム
(2)所在地 東京都千代田区神田佐久間河岸78-3 柴田ビル2F
(3)代表者の役職・氏名 代表取締役 武田 敏典
(4)事業内容 ITインフラの設計、構築、及び運用並びに保守
PC、サーバ及びネットワーク機器の販売並びに保守
システム技術者支援サービス
労働者派遣事業
(5)資本金 10百万円
(6)設立年月日 2008年1月
(7)大株主および持株比率 個人株主 100%
(8)上場会社と当該会社

との関係

資本関係 当社と当該会社の間には、記載すべき資本関係はありません。また、当社の関係者および関係会社と当該会社の関係者および関係会社の間には、特筆すべき資本関係はありません。
人的関係 当社と当該会社の間には、記載すべき人的関係はありません。また、当社の関係者および関係会社と当該会社の関係者および関係会社の間には、特筆すべき人的関係はありません。
取引関係 当社と当該会社の間には、記載すべき取引関係はありません。また、当社の関係者および関係会社と当該会社の関係者および関係会社の間には、特筆すべき取引関係はありません。
(9)当該会社の最近3年間の経営成績及び財政状態(単位:千円)
決算期 2018年9月期 2019年9月期 2020年9月期
純資産 22,639 29,668 28,399
総資産 80,752 81,681 120,513
1株当たり純資産(円) 22,639 29,668 28,399
売上高 67,806 133,464 192,396
営業利益 ▲7,114 5,465 ▲3,802
経常利益 ▲7,442 7,028 ▲3,137
当期純利益 ▲7,442 7,028 ▲3,487
1株当たり当期純利益(円) ▲7,442 7,028 ▲3,487
1株当たり配当金(円) 0 0 0

4.サーベイジシステム株式取得の相手先の概要
株式取得の相手先につきまして、その希望により、氏名・住所を非公表とさせていただきます。
なお、当社との間で記載すべき資本・人的・取引関係はなく、関連当事者にも該当しません。

5.取得株式数、取得価額及び取得前後の所有株式の状況

(1)異動前の所有株式数 -株
(議決権の数:-個)
(議決権所有割合:-%)
(2)取得株式数 1,000株
(議決権の数:1,000個)
(3)取得価額 売主の希望により非公表とさせていただきます。
(4)異動後の所有株式数 1,000株
(議決権の数:1,000個)
(議決権所有割合:100%)

※取得価額については、公平性・妥当性を確保するため、第三者算定機関による株式価値の算定結果を勘案し決定しております。

6.日程

(1)取締役会決議日 2020年11月27日
(2)契約締結日 2020年11月30日
(3)株式取得実行日 2020年11月30日

※本件は、ALHによる株式取得であるため、SHIFTの取締役会決議は実施しておりませんが、2020年11月27日開催のALH取締役会においては、本件株式取得の前提条件を決議し、あわせて本件取得株式の決定について代表取締役に一任することを決議して、2020年11月30日に決定いたしました。

7.今後の見通し
本件に伴う当社の業績及び財務状況に与える影響につきましては、軽微であると見込んでおります。

以 上

<本リリースに関するお問い合わせ先>
株式会社SHIFT IR室
メール:ir_info@SHIFTinc.jp

PAGE TOP TOP PAGE