SHIFT GROUP

役員・顧問紹介

取締役・執行役員

代表取締役社長

丹下 大Masaru Tange

1974年広島県に生まれる。2000年京都大学大学院 工学研究科機械物理工学修了。株式会社インクス(現 SOLIZE株式会社)に入社。たった3名のコンサルティング部門を、5年で50億円、140人のコンサルティング部隊に成長させ、コンサルティング部門を牽引。2005年9月、コンサルティング部門マネージャーを経て、株式会社SHIFTを設立。代表取締役に就任。2019年10月、東証マザーズ市場から東証一部に市場を変更。「スマートな社会の実現」へ向け、社会インフラ企業を創るべく、SHIFTグループの企業フェーズ、企業価値をより高みへと導き、躍進をリード。

→代表メッセージ

取締役副社長

佐々木 道夫Michio Sasaki

明治大学政治経済学部卒業。1982年リード電気株式会社(現:株式会社キーエンス)に入社。1992年にはKS事業部長、1999年には取締役APSULT事業部長を経て2000年には、同社代表取締役社長に就任。在任中は国内外の業績を拡大した。2018年11月よりSHIFTの社外取締役に就任し、2020年11月からは取締役副社長としてSHIFTに参画。

取締役 兼 CFO

服部 太一Taichi Hattori

関西大学法学部卒業。1998年に日本電信電話株式会社(後、エヌ・ティ・ティコミュニケーションズ株式会社に分社化)に入社し、システムエンジニアを経験した後、国際電話事業の立ち上げ、海外アライアンス戦略などに従事。2006年リクルートホールディングス株式会社に入社し、海外事業開発、投資戦略、事業統括など幅広く携わる。リクルート社にてIndeed Inc.のM&Aプロジェクトをリード後、2012年よりIndeedへ出向。米国現地本社にてバイスプレジデント、シニアバイスプレジデント、CFOを歴任。リクルート帰任を経て、2021年7月より執行役員兼CFOとしてSHIFTに参画し、2021年11月より取締役兼CFO就任。

取締役

小林 元也Motoya Kobayashi

2003年 東京工業大学大学院 理工学研究科修了。株式会社インクスに新卒入社し設計の標準化システム開発、超精密電子・精密自動車部品・精密光学機器の設計工程改善に携わりSHIFT参画。品質保証部で業務工程改善に従事したのち、ソフトウェアテスト事業を立ち上げ、事業部長として様々な管理案件に携わる。2014年以降、子会社を含むグループ会社の代表、また役員として事業管理全般を管掌。

社外取締役

村上 誠典Takafumi Murakami

ゴールドマン・サックスにてM&A、投資、資金調達、IRの専門家としてグローバル企業のコーポレート・アクション、転換を数多く経験。退職後、シニフィアンを創業し、複数のファンドを立ち上げグロース・キャピタルを運営。現在は急成長するテクノロジー企業の経営に、投資家、取締役、アドバイザーなどの立場で関与し、成長を推進。シニフィアン株式会社共同代表、株式会社ベルフェイス株式会社社外取締役。

社外取締役

元谷 芙美子Fumiko Motoya

信金開発株式会社(現アパ株式会社)取締役を経て、1994年にアパホテル株式会社取締役社長に就任。会員制やネット予約システムを導入、全国規模のホテルチェーンへと成長させる。現在、アパグループ11社の取締役、東京国際大学客員教授、日韓文化協会顧問も務める。

社外取締役

エイミー シゲミ ハッタAmy Shigemi Hatta

1996年、Astra AB (現 AstraZeneca PLC)入社。Merrill Lynch & Co. (現 BofA Securities)、TIAA-CREF(現Nuveen a TIAA Company)を経て、2023年にAglow Management Inc.設立。Nomura Holding America Inc.ではOutside Directorを務める。

社外取締役 監査等委員

新井 優介Yusuke Arai

公認会計士及び税理士。有限会社辰巳商事、サンコーテクノ株式会社にて勤務後、15年以上もの間、監査法人にてIT関連業界や製造業界、建設業界など、幅広い業界の監査業務に従事。IPO支援や内部統制構築支援などにおける高い専門性を有する。2021年11月よりSHIFTの社外取締役 監査等委員として就任。

社外取締役 監査等委員

中垣 徹二郎Tetsujiro Nakagaki

早稲田大学法学部卒業。約20年間にわたりベンチャー投資を実施。数多くの上場企業を輩出。日本アジア投資株式会社投資本部長を経て、シリコンバレーを代表するVCのDraper Fisher JurvetsonのNetwork FundであるDraper Nexusを設立し、現在に至る。現在、日本とシリコンバレーでのベンチャー企業への投資活動を手掛けている。

社外取締役 監査等委員

谷中 直子Naoko Yanaka

2001年、弁護士登録。アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て、東京国際法律事務所に入所。2022年よりSHIFTグロース・キャピタル 監査役(現任)、2023年からは三菱地所物流リート投資法人 監督役員(現任)も務める。

上席執行役員 兼 人事本部 本部長

菅原 要介Yosuke Sugahara

慶応義塾大学大学院 理工学研究科修了。株式会社インクスに新卒入社し製造業コンサルティングを経験後、2008年SHIFTに参画。品質保証事業を本格化する折に、大手Web制作会社QA部隊の組織化コンサルを手がける。その後、新規事業の立ち上げを経て、ビジネストランスフォーメーション事業本部全体の統轄に加え、採用・人事施策・人材マネジメントなど、SHIFTグループ全体の人事領域を管掌している。

上席執行役員 兼 DX&戦略プロジェクト本部 本部長

細田 俊明Toshiaki Hosoda

京都大学工学部情報工学科卒業。1986年に株式会社野村コンピュータシステム(現:株式会社野村総合研究所)に入社、エンタープライズ領域におけるITシステムの企画から設計・構築・運用まで広く携わる。インターネット株式取引システム構築が専門。その後、野村證券株式会社に入社。IT基盤戦略部エグゼクティブ・ディレクター職にて、ITガバナンス全般を担当。サムスン證券株式会社を経て、株式会社SBI証券に入社。CIO室長、品質管理部長を歴任。IT予算策定、品質管理、CSIRT領域を担当。2017年1月、SHIFTに参画し同年10月に執行役員に就任し、その後、品質技術部門、コンサルティング部門を設立。2021年9月より、アカウントビジネス推進本部長(2021年9月当初はデジタルビジネス事業本部長、2023年2月より名称変更)として、金融領域からゲーム領域までSHIFT事業全般を管掌。

執行役員 兼 サービス&テクノロジー本部 本部長

真岡 佑介Yusuke Maoka

早稲田大学理工学部卒業。株式会社インクス(現SOLIZE株式会社)に新卒入社し金属加工プロセス標準化・高速化コンサルティングを経験。2006年SHIFTに参画し、自動車部品メーカーの設計製造標準化 、原価低減プロジェクトにてコンサルタント、PLに従事。2012年よりソフトウェアテスト事業に転向し、金融系やエンタープライズ領域のPMを歴任。2016年にERP領域の組織長就任後は一貫してエンタープライズ領域の組織長に従事し2018年にはSAPビジネスを立ち上げを経験。2019年よりエンタープライズ産業・流通統轄部部長に就任し産業・流通・通信・自動車・ERPと幅広い領域を管掌している。

執行役員 兼 営業本部 本部長

木村 剛Tsuyoshi Kimura

法政大学法学部卒業。株式会社キーエンスに新卒入社以来、同社にて、AC事業部(現:制御システム事業部)やFAIN事業部の部長を歴任。2009年からは取締役にも就任し、新規事業の立ち上げから成長、売上高の圧倒的な成長、ビジネスモデルの変革などの数々の実績をあげ、同社の高成長をけん引。2018年からは、同社の100%子会社の代表取締役社長に就任し、営業から採用、組織作りまで幅広い領域を管掌。2022年1月、SHIFTに執行役員として参画。

執行役員 兼 広報IR部 部長

山路 亜紀Aki Yamaji

米国にてビジネスマーケティングの修士号を取得後、2008年SHIFTに入社。自動車部品メーカーにおいて、製造業のコンサルタントを経験。事業成長とともに、2013年にはSHIFTの広報部門を立ち上げ、2014年のマザーズ上場を機にIRも管轄する。以降、SHIFTの広報IRを統括し、SHIFTグループの幅広いステークホルダーへの発信、エンゲージメントに関する施策、ブランディングを広く管掌。2022年、執行役員として就任。

  

顧問

技術

川口 耕介Kohsuke Kawaguchi

Jenkinsの開発者兼Lanchableの共同CEO。著名な開発者であり、その人気からJenkinsコミュニティをはじめとする業界イベントにも積極的に登壇。川口氏は、CloudBeesのCTOにも就任しており、Jenkinsを開発した際に活かされたその感性や、その感性をいかに使いやすいソフトウェアへと落とし込むか、といった観点から会社をけん引している。CloudBeesへの参画前は、Sun MicrosystemsやOracleに所属し、幅広いプロジェクトに従事。Jenkinsにつながるようなオープンソースの開発をリードした。

インダストリー

渡辺 秀明Hideaki Watanabe

防衛技術協会 理事長。初代防衛装備庁長官であり、近年では防衛装備品関係の展示会での基調講演などにも登壇。2023年4月から防衛省で施行された「産業サイバーセキュリティ基準」(米国NIST SP800-171準拠)の日本導入に向けて尽力された方としても有名。国立の研究所としては、日本最大の防衛省技術研究本部の本部長等も歴任しており、レーダー、通信、暗号などの技術についても大変明るく、またサイバーセキュリティに関する知見も際立っており、今現在も、国家安全保障領域において、広範囲に活躍している。

事業戦略

波多野 徹Toru Hatano

野村総合研究所、アクセンチュアにおいて約30年間コンサルティング業務に従事し、自動車、機械、消費財、エレクトロニクスなど幅広い顧客業種における事業戦略、人材・組織開発、IT戦略、ERP導入支援など、経営改革支援をリード。九州大学/九大TLOではシンクタンク事業を立ち上げ、2年目より黒字化を達成。その後、沖電気工業で常務執行役員としてSI関連事業の責任者、沖データではCEOを務め、産業用プリンター事業戦略の推進や海外事業の構造改革に取り組んだ。SHIFTでは、顧客戦略立案、案件開発、またグループ会社経営など幅広く活躍。コンサルティング、IT、産学連携、および製造業と多様な分野での経営経験を有する。

事業戦略

細谷 哲史Tetsufumi Hosoya

産業用ミニコンのソフトウェア・エンジニアとしてキャリアを開始後、Ernst&Young(現EY)のコンサルティング部門にてシステム導入関連の上流コンサルティングに従事。その後、SAPジャパン株式会社に転じ、SAPコンサルティングの日本統括、SAP AGの全サービスの日本統括を歴任。ソリューションとサービスの融合により、SAPビジネスの爆発的成長をけん引した。2006年より米国Oracle社の Corporate VP兼日本オラクル社常務執行役員としてOracle社のカスタマーサービスを統括すると同時に、Oracle社が買収した各ソフトウェア企業の人材・組織・サービスに関するPost-Merger-Integration(PMI)を担当。Oracle社退社後、外資系企業にて中国からのオフショアサービス提供やMS Dynamics365導入支援などに従事。現在は細谷ERP研究所を設立し、大手企業の基幹システム導入の企画構想支援を行っている。

PAGE TOP TOP PAGE