その常識、変えてみせる。 SHIFT

ニュース

コーポレートニュース

SAPジャパンおよびSAPパートナー企業と協業のお知らせ

  • facebook
  • twitter
  • hatena bookmark

次期SAPシステム導入企業のスムーズなデジタルトランスフォーメーションを支えるために
SAPジャパンおよびSAPパートナー企業と協業
~SHIFTの知見と強みを活かし、人材不足を課題とするSAP市場に打開の一手~

SHIFTはこの度、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場において、マーケットリーダーとしてシェアを拡げるSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 洋史、以下 SAPジャパン)およびSAP製品の導入・開発を担うパートナー企業との協業を発表いたしました。

1. 協業の背景、目的
SAPジャパンが提供し、国内大手企業を中心に数多くの導入実績をもつ、統合基幹業務パッケージ(ERP)「SAP ERP」。その運用サポートが終了する2027年に向けて、新たな製品「S/4HANA」への移行に伴い、導入・移行の支援ニーズは拡大の一途をたどっています。

一方で、導入や移行には専門知識をもったコンサルタントや開発エンジニアが必要であり、高まる需要に対するSAP人材の不足が課題とされてきました。製品導入における品質低下をも招く可能性が高いこの状況を改善するために、SAPジャパンより、「インテリジェントエンタープライズ標準ソリューションモデル」の提供が発表されました。
このサービスにより、「S/4HANA」への移行が必要な既存ユーザー企業や、新たな導入ユーザー企業は、モデルケースをもとに、デジタルトランスフォーメーションを支える次世代システムの検討および導入・移行を効率的かつ効果的に行うことが可能になります。

新規サービスの提供にあたり、その開発を担う主要なパートナー企業との協業が発表され、SAPプロジェクトで問題が頻発するデータ移行や、総合テスト、受け入れテスト領域およびプロジェクト全体をサポートするPMO領域を主に支援する役割として、SHIFTも参画することとなりました。

SHIFTでは、従前よりSAP導入・移行と運用支援に特化した専門コンサルタントとテスト従事者を組織化しており、高まるニーズに対応すべく、その規模を拡大してまいりました。また、業界問わず多岐にわたる製品の品質保証、テストサービス、またプロジェクト推進支援を提供するなか、SAPユーザー企業にとって、導入から運用まで滞ることのないスムーズなプロジェクトの遂行に貢献できると判断し、この度の取り組みに対する参画を決定いたしました。

2. 具体的な取り組み
SHIFTのプロジェクト参画は以下2パターンを想定しています。

① ユーザー企業を直顧客とした、プロジェクト推進、PMO支援、データ移行支援、SAPおよびnon-SAP領域を含めた総合テスト、受け入れテスト(UAT)を担当。進捗管理や課題対応、場合によっては経営陣、事業部門、SAPパートナーとの交通整理などを各ユーザー企業のニーズに応じてSHIFTのコンサルタントが対応いたします。
また、データ移行、総合テスト、受け入れテストなどについても、必要に応じてご支援いたします。

② SAPパートナー配下で、単体、アドオン、結合、総合等のテスト設計および実行を担当。
パートナー企業における担当人材の状況に併せて参画、ご支援いたします。

SHIFTは、約1,000社近いSAPプロジェクトを含めたさまざまな業界での知見を最大限に活用し、ユーザー企業のデジタルトランスフォーメーション推進およびS/4HANA移行に向け、品質のプロとして、SAPプロジェクトをご支援してまいります。
また、同時に、さらなるノウハウ蓄積と認知向上を目指し、SAPの導入や運用になくてはならない価値提供に向けた取り組みも継続的に推進し、ユーザー企業のビジネスの加速、SAP市場と自社の成長に向けて取り組んでまいります。

<参考情報>
SAPジャパン プレスリリース
SHIFT SAP関連サービスについてのご案内

以 上

<本リリースに関するお問い合わせ先>
株式会社SHIFT IR・広報室 山路亜紀
メール:pr_info@shiftinc.jp

PAGE TOP TOP PAGE