その常識、変えてみせる。 SHIFT

ニュース

サービスニュース

[セミナー開催] 第二回「ヒンシツ大学 Evening Talk」湯本剛氏を迎えて開催

  • facebook
  • twitter
  • hatena bookmark

2014年11月12日、SHIFT本社(東京都港区)Cafeスペースにて第2回目の「ヒンシツ大学 Evening Talk」が開催されました。

(ヒンシツ大学 Evening Talkとは、ヒンシツ大学が主催する無料のセミナーで、毎回ソフトウェアテスト業界の著名人を迎え、 講演とディスカッションを交えながら弊社Cafeスペースで毎月開催しています。)

IMG_1247_01『知識ゼロから学ぶソフトウェアテスト』の著者でもある、高橋 寿一 氏をお迎えし、“高橋寿一氏とアジャイルとテストを 語ろう”と題して開かれた第一回目(10月7日)は、高橋氏の講演の後、ご本人との意見交換ができるというまたとないセッショ ンタイムも準備され、予定定員を超える参加者の中、時間オーバーの熱いディスカッションが繰り広げられました。

大好評のうちに終わった第一回目のEvening Talkを受けて、第二回目への皆さまからの期待もとても大きく、参加者募集を始めて間もなく、満席となる好評ぶりでした。
今回は、“ゆもつよメソッド” でおなじみの 湯本 剛 氏をお迎えし「ソフトウェアテストの上流設計」についてのご講演を いただきました。

当日は会場に60名あまりの参加者を集め、講演では、テスト設計の中でも技法を適用する前にあたる「テストの上流設計」の方法論や、明日から使える実践的なテストケースの作り方を紹介いただきました。

講演に続いて、参加者の皆様からのテスト設計に関するお悩みや、日ごろから工夫して行っているオリジナルのテスト手法が披露され、湯本氏からアドバイスをいただくなど、恒例の熱いディスカッションタイムが行われました。

湯本氏は終了後のネットワーキングでも、著書へのサインや、参加者の質問に時間いっぱいまで応えてくださっていました。

IMG_1208_01本イベントへの参加者は主に開発者や、QA担当の方など、ソフトウェアの品質保証に携わる皆さまで、弊社のお客様から一般の方まで幅広くご参加いただいております。
普段、なかなか交わる機会のない同じ課題や目標を持つ者同士、所属を越えての話は毎回夜遅くまで尽きません。
このイベントを通して、また新しいネットワークや、お仕事にも結び付き、2回目にして本イベントのファンも増えてきており、主催側もとても嬉しくやりがいを感じております。
第3回目の開催は、2014年12月12日を予定しております。

株式会社SHIFTは、「すべてのソフトウェアにMade in Japanの品質を」根付かせるべく、ソフトウェア品質向上に関わる公器として、皆さまにご活用頂ける存在になるべく、SHIFTの成長と共に、「ヒンシツ大学」での取り組みを進めてまいります。

=============================
●湯本剛氏について
【経歴】
製造メーカにて生産管理システムの構築メンバーを経て、ソフトハウスにてテストリーダとして数多くのアプリケーションの開発に携わる。
その後ソフトウェアテストのコンサルタントとしてテストプロセスの改善、テストツールの導入支援、テストの教育などに従事。

【著書】
「現場の仕事がバリバリ進むソフトウェアテスト手法」(共著)
「JSTQB教科書」(共著)
「ソフトウェアテストの基礎」(共訳)
「基本から学ぶソフトウェアテスト」(共訳)
「ソフトウェアテスト293の鉄則」(共訳)

●ヒンシツ大学について
 http://www.hinshitsu-univ.jp/
 SHIFTの実績に裏打ちされた、ソフトウェアテストのノウハウを凝縮したスキルアップ講座です。
 ソフトウェアテスト業界著名人の監修テキストと、豊富な実績の弊社講師陣により、入門、実践、応用から管理、テスト戦略まで、バリエーションに富んだ講座をご提供しています。
 有償講座だけでなく、無料セミナーや「Evening Talk」の定期開催をはじめ、出張講座などソフトウェアテストに携わるみなさんへの有益な情報発信とネットワーキングの場を提供しています。

 今後の「ヒンシツ大学」開講予定
 http://hinshitsu-univ.connpass.com/

=============================
●ヒンシツ大学、ヒンシツ大学 Evening Talkに関するお問い合わせ先
   ヒンシツ大学 事務局 (hinshitsu-univ@shiftinc.jp)

PAGE TOP TOP PAGE