その常識、変えてみせる。 SHIFT

ニュース

コーポレートニュース

民事訴訟の提起に関するお知らせ

  • facebook
  • twitter
  • hatena bookmark

民事訴訟の提起に関するお知らせ

 株式会社SHIFT(本社:東京都港区、代表取締役社長:丹下大、以下「当社」といいます。)は、本日、株式会社モノビット(本社:兵庫県神戸市、以下「モノビット」といいます。)、その関係会社であるモリカトロン株式会社(本社:東京都新宿区、以下「モリカトロン」といいます。)及び現在はモリカトロンに所属している当社の元従業員(以下、「元従業員」といい、モノビット、モリカトロン及び元従業員を併せて「三者」といいます。)に対して、当社がソフトウェアテスト事業において蓄積したテスト観点等の情報資産(以下「情報資産」といいます。)の元従業員による不正取得及び、三者による情報資産の使用に関する損害賠償などを求める民事訴訟を東京地方裁判所に提訴いたしましたので、お知らせいたします。

 当社は、先般、情報資産がモノビット及びモリカトロンに使用されている事実を把握したため、当社内でPCの操作ログの解析等を実施した結果、元従業員が当社の情報セキュリティルールから逸脱して、これを複製し、当社を退職直前に、外部サーバに情報資産を保存した可能性があることが判明しました。
 その後、三者に書面を送付したところ、上記の内容及び、元従業員が当社を退職後に、当該外部サーバから私物PCを経由して、情報資産をモリカトロンの社用サーバに複製し、当社の競合事業であるソフトウェアテスト事業で利用している事実を認める旨の回答を得ました。これを受けて、さらに調査への協力を求めたところ、業務利用した情報資産は一部である旨、元従業員の私物PCを元従業員が物理的に破壊した旨の回答をモノビット及びモリカトロンから得たものの、追加の調査や再発防止への協力については真摯な対応を得られず、当社からの数度にわたる交渉要請にも応じていただけませんでした。

 上記の経緯を受け、当社は、競合企業から不正取得した情報資産を事業に使用することは、業界の健全な競争及び発展を阻害すると考え、今回の民事訴訟の提起に至りました。

 なお、元従業員に対しては、法的措置も含めた毅然とした対応を検討しております。

 本件に起因する当社グループの業績に与える影響はございません。また今後、本件に関してお知らせすべき事象が生じた場合には、適宜公表いたします。

以上

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社SHIFT
経営管理部
TEL:03-6809-2994

PAGE TOP TOP PAGE