その常識、変えてみせる。 SHIFT

ニュース

コーポレートニュース

(財)人工知能研究振興財団 人工知能研究助成事業に弊社のビジネスモデルが助成対象になり授与式に名古屋まで行って参りました。

  • facebook
  • twitter
  • hatena bookmark

2005年12月1日(木)
午前中は、某企業コンサルティングの打ち合わせ。

14時からの授与式に間に合わせる為、11時に新幹線に飛び乗り、東京から名古屋へ移動しました。

開会にあたり、理事長様よりご挨拶がありました。
世の中の技術を分類すると以下に分けられるそうです。

・もの作り技術⇒要素技術
・情報通信技術⇒要素間の連携技術
・人工知能関連技術⇒上記技術を運用する技術

弊社ビジネスは人工知能と関係ないように思えますが物流倉庫、製造工場での運営を支援する弊社のビジネスはまさに、人工知能技術と密接な関係があります。

ということで、64の応募のうち採択されたのが、弊社を含め、10テーマでした。

他9テーマは、ほぼロボット関連技術です。
先日ビックサイトのロボット展にも行ってきましたがロボットはやっと身近な存在として、一般の人々の世界にも波及してくる時代だと感じました。

授与式の後、名古屋工業大学や京都大学の先生方より14年度の研究発表がありましたが、目からウロコの研究内容が多く、非常に楽しめました。

中でも、ロボット自身で判断させるという研究では以前コラムで書いた、熟練者の思考過程が非常に上手く流用されており、共感を得ましたね。

その後の、交流会では様々な大学や企業の方たちにお会いし、名古屋の活気を感じる事が出来た一日でした。

PAGE TOP TOP PAGE