その常識、変えてみせる。 SHIFT

健康経営の推進

SHIFTグループでは、SHIFT代表取締役社長 丹下による「健康宣言」のもと、SHIFTグループに関わる全ての従業員が心身ともに健全な状態で業務に従事することが出来る業務環境の整備を目指し、さまざまな取り組みを行っております。具体的には、メンタルヘルス対策、過重労働対策などを実施しています。

健康経営宣言

SHIFTはこれまで、ソフトウェアの品質保証・テストの事業を通じて、高品質なソフトウェアの提供とエンジニアの地位向上に努め、業界の健全な発展と、企業としての社会的価値の追求を目指し事業活動を続けてまいりました。

その活動の中において、より良いサービスの提供と事業の発展のためには、従業員が、心身ともに健康で幸せを感じながら、個性や能力を最大限に発揮できる環境が必要不可欠であるという思いに至りました。

SHIFTは、この「健康経営宣言」のもと、すべての従業員が心身ともにいきいきと元気に働ける職場を目指し、以下の取り組みを通して、働き方改革と併せた健康経営を推進してまいります。

代表取締役 丹下大
  • 「健康経営宣言」を社内外へ発信し、自社のみならず社会全体の改善を目指した、多種多様な健康経営の取り組みにチャレンジします。
  • 健康診断受診推進、並びにその結果に基づく従業のフォローアップ徹底することより、従業員の健康疾患を予防します。
  • 健康づくり担当者を設置し、健康経営施策の定期的な見直しと、精査を行います。
  • 生活習慣病など、従業員の抱える健康課題の把握と必要な対策の検討を行います。
  • 労働時間短縮、年休取得促進等、健康経営の実践に向けた基礎的な土台づくりを推進します。
  • 従業員のこころと身体の健康づくりに取り組み、すべての従業員が健康で幸せに働ける会社を目指します。

株式会社SHIFT
代表取締役 丹下大

体制図
PAGE TOP TOP PAGE