SHIFT GROUP

イベント情報

【M&A実践実務講座 特別プログラム】『SHIFT流』 再現性のあるM&A/PMIの型化 ~日本一のM&A実績を上げる仕組みづくり~

  • facebook
  • twitter
  • hatena bookmark
  • イベントは終了しました

日時

  • 2024.02.19(月) 15:00〜17:00
  • 2024.02.20(火) 15:00〜17:00

会場

オンラインセミナー(Zoom)

セッション

【M&A実践実務講座 特別プログラム】『SHIFT流』 再現性のあるM&A/PMIの型化 ~日本一のM&A実績を上げる仕組みづくり~

登壇者

  • ■小島 秀毅

    株式会社SHIFT グループ経営推進部 部長
    株式会社SHIFTグロース・キャピタル 取締役

    【略歴】
    2003年東京外国語大学外国語学部卒業。2009年一橋大学大学院商学研究科経営学修士課程(MBA)修了。2019年ハーバード・ビジネス・スクールPLD修了(PLDA)。

    大和証券、GCA(現・フーリハン・ローキー)を経て、2011年に三菱商事にてライフサイエンス本部(現・食品化学本部)立ち上げと合わせて同社に入社。食品化学事業において国内外のM&A/PMIを推進し、グループのコア事業に育てる。また、米国企業買収に伴い現地本社でもCEO補佐として北米のM&A/PMI戦略の立案と実行に携わる。2020年からSHIFTにてM&A/PMIを一貫して行える体制を組成し責任者を務める。2022年3月にSHIFTグロース・キャピタルを設立、取締役として参画しM&Aをリード。

    米国公認会計士。日本CFO協会グローバルCFO。 <著書>『クロスボーダーM&Aの契約実務』(共著、中央経済社/2021年3月出版)

イベント概要

本講義では実務担当者が特に課題意識を持っている「主体的なソーシング戦略」、「効率的なエグゼキューション」、「組織・チームのマネジメント」、「グループ会社に対するサポート」、「グループ会社のガバナンスや運営体制」といった項目を中心に解説を行います。


また、今年はケーススタディをアジェンダに加えました。Day1では「データに基づくM&A戦略の描き方」を、Day2では「PMIでの発見事項への対応策」について、教科書的な一般論ではなく具体的な事例を使いながら、イメージや知識をより実務に落とし込むことを目指します。


本講義を通じて、皆さんのM&A/PMI戦略の解像度が高まれば幸いです。


講演内容












Day1 Day2
1. SHIFTの紹介


2. SHIFT流のM&A

①ソーシング力

・年180件のIMを検討

・アドバイザー215社とコンタクト

・専門部隊の設置

②エグゼキューション力

・28件のトップ面談

・明確なスコープと10個のKPI

・蓄積されたDDのナレッジ

③体制

・M&A体制の強化

・事業部との連携

・SHIFTグロース・キャピタル



3. ケーススタディ


・データに基づくM&A戦略の描き方



4. 質疑応答

1. SHIFT流のPMI

①グループ会社運営

・100日プランの標準化

・カテゴリーに分けてグループ管理

・グループ会社間の連携

②採用・営業・戦略支援

・人事348名の体制の下で支援

・SHIFT商流の提供・協業

・過去8件のM&Aをサポート

③ガバナンス支援

・CXO人材182名のデータベース

・社外取締役の派遣

・経営状態の可視化



2. ケーススタディ


・PMIでの発見事項への対応策



3. 質疑応答

  • イベントは終了しました

PAGE TOP TOP PAGE