株式会社gloops全面協力のもと実現!
ゲーム業界に特化したテスト適性検定「ソシャ検」本格始動

株式会社SHIFT(代表取締役社長:丹下大、本社:東京都港区)は、従来のテスター採用に活用しているテスト適性を評価する「CAT検定」に加え、ゲーム業界に特化したテスト適性検定「ソシャ検(ソーシャルゲーム検定の略)」を、2015年2月2日より正式版をリリースいたします。

本検定は、弊社クライアントでもあります株式会社gloops(代表取締役社長:池田秀行、本社:東京都港区)の全面協力のもと、同社ゲームタイトルを検定の題材としてご提供いただいております。
SHIFTでは、ゲーム業界への業務展開 (2013年)以降、「ソシャ検」のβ版をSHIFTでテストエンジニアとしての就業を希望する方へのテスト適性の評価に活用してまいりました。そこで蓄積した1,200名を超える受検者のテストスコアと、就業後のパフォーマンスを数値化し分析した結果をもとに、gloopsにご提供いただきましたゲームタイトルに最適化した問題を作成し、この度「ソシャ検」の正式版を完成させました。

「ソシャ検」を活用することで、日ごろからゲームを頻繁にプレイしている数多くのテストエンジニア希望者の中から、ゲームに対するリテラシーが高く、初見のゲームに対しても仕様理解が早い人材を見極めることが可能になります。そういった人材のみを採用することで、テスト開始時の個々の立ち上がりスピードが圧倒的に高まり、テストケースあたりの生産性が向上した結果、工数削減と工期全体の短縮が可能になるだけでなく、より早期での不具合検出が可能となります。お客様にとっては、コスト削減だけでなく製品リリースの遅延リスクを大幅に軽減にすることに繋がります。

また、ゲーム業界は”憧れ産業”と呼ばれており、ゲームが好きで「ゲームを創りたい」「ゲームに関わりたい」と考える人々が自然と集まってくる傾向にある一方、その中で”テスター”は比較的軽視されがちで、ゲームの品質を支える重要な業務にも関わらず、地位・収入ともに高く評価されていない現状があります。

SHIFTでは、「ソシャ検」を通して、テスター個人の知見・能力を正しく評価し、適切なプロジェクト・ポジションへのアサインを実現しています。他テスト会社ではテスター業務にしか従事されていなかった方でも、その能力を適正に評価した結果、テスト設計業務やテストリーダー業務に従事いただくことも珍しいことではありません。

さらに、「ソシャ検」で高得点を獲得する方は、その、ゲームに対するリテラシーの高さゆえに、テスト対象のゲームおける「面白さ」や「課金したくなるポイント」、逆に「他のゲームと比べて劣っている箇所」「離脱点」を指摘できる方が多くいらっしゃいます。そういった方は、テストだけではなくSHIFTが提供する「チューニングサービス」にも携わることで、テスト対象のゲームの魅力的品質の向上をサポートするポジションでも活躍しています。

このように、SHIFTでは、テスターが持つ知見とテスト能力を適切に評価する仕組みを整えるとともに、品質保証分野でのキャリアパスを構築し、確立しようとしています。「ソシャ検」もその1つです。このような活動を通じて、業界ではまだまだプレゼンスの低い「品質保証」「ソフトウェアテスト」業務の重要性を啓蒙し続けるとともに、ソフトウェアの品質保証業務に携わる全ての方々の地位向上も目指し、邁進して参ります。

 

「すべてのソフトウェアにMade in Japanの品質を」
ソフトウェア開発の世界において、現場での日々の業務の中から生まれる未来へ。
人々の日々の生活をより豊かにするために、
“ソフトウェアにおける品質保証”という観点から私たちにしか出来ない事があります。

 

■ソシャ検

ソーシャルゲーム検定の略称。
2013年に、SHIFT独自にβ版を開発、蓄積されたテストスコアと現場での個々のパフォーマンスにより、テスト問題を精査し、この度正式版をリリース。
テストに使用しているゲームは株式会社gloopsにご提供いただく。
所要時間75分の間に、40問の問題に答えていただきます。
https://game.softwaretest.jp/entrymail?m=pr01 ※本URLにアクセスし、メールアカウントの登録を行った後、送付されるメールの指示に従いテストを開始します。

【当リリースに関するお問い合わせ】
株式会社SHIFT 広報室:info@shiftinc.jp