ソフトウェアテストといえばSHIFT

新入社員の1日と声

入社後、間もなくお客様の元、最前線で働く事も可能なSHIFTの仕事。
密な研修があるからですが、第一に本人のやる気と工夫、日々の努力によってできることです。
個々に違う働き方、やる気を活かす事ができるSHIFTでの新入社員の一日を紹介します。

  • コンサルタント
  • テストエンジニア

目標は、SHIFTのサービスを世の中で「なくてはならないもの」にすることです! 室 開里 2015年入社/ソフトウェアテスト事業本部 配属

現在の仕事内容は?

大規模開発案件のプロジェクトで、品質管理チームの一員として開発ベンダーの成果物や開発プロセスを評価し、お客様への品質状況のレポーティングやベンダーへのフィードバックを行っています。品質のスペシャリストである先輩方からアドバイスをいただき、ベンダーやお客様に提出する資料や報告書の作成が主な仕事になります。

入社一年目。一日のスケジュールは?

8:40出社

「戦略ミーティングの準備」

始業前、まずはメールチェック。その後、現在のプロジェクトについての戦略ミーティングに向けて、資料のチェックを行います。

10:00戦略ミーティング

「緊張の連続」

いま私は、これからのSHIFTをリードする重要なプロジェクトに携わっています。期間も数年に及ぶもので、SHIFTの役員とのミーティングも多く緊張の連続ですが、同時にとても学ぶことの多い時間です。SHIFTを築いてきた先輩方は何をどのように感じ判断しているのか、言葉の一つ一つから読み取ろうと努めています。

12:00ランチ

「美味しくしっかり食べることも仕事!」

SHIFTでは、社内でのお弁当販売などのほか、クラウド型のケータリングサービスも利用しています。飲食店に並んだり、お弁当を買い逃す心配もなく、毎日規則正しく食べられる美味しい昼食は、仕事のモチベーションまで高めてくれます。メニューは日替わり、カレーが特にお気に入りです(笑)。

14:00お客様先での定例進捗会議

「主体的に話をする場面も多くあります」

お客様先での会議には先輩も同席しますが、実際の業務について、主体的に話をする場面も多くあります。その場では自分自身がSHIFTの「顔」、日々の積み重ねに自信を持ち、率先して報告と提案を進めます。

18:00ミーティング

「社長からの指示で場に加わることも」

携わるプロジェクトとは別に、さまざまなミーティングに出席することがあります。時には、社長から指示を受けて参加させていただくことも。一見、普段の業務からは離れたようなミーティングでも、ハッと気づかされること、業務のヒントになることがあります。新卒でも、そういう場に加えていただけることはとても嬉しいです。

仕事における、やりがいと難しさは?

このプロジェクトは少数精鋭のチームで進めていることもあって、自分の意見や成果物がダイレクトにプロジェクトの行方を左右することを肌で感じられることが、非常に大きなやりがいになっています。
お客様にとって大規模な投資の伴う絶対に失敗できないプロジェクトであり、SHIFTとしても最重要に位置付けられるプロジェクトなので、その一員として働くことは大きな責任とともにやりがいを感じています。

SHIFTのオススメポイント!

今の自分の能力以上のことにチャレンジできる機会が圧倒的に多いことです。今私が品質管理担当者として、議論を重ねているのは、ベテランのベンダー担当者の先輩方ばかりです。
他の会社では新入社員には決して任されないような仕事でも、SHIFTでは積極的にアピールしていけば任せてもらえることが多いですね。もちろん、やり遂げる覚悟も必要です!

今後の野望、目標は?

私の目標はSHIFTの執行役員になり、SHIFTのサービスを世の中で当たり前のものとして広めていくことです。そのためにまずは、大規模な品質管理プロジェクトのモデルケースを今のプロジェクトで確立し、今後、自分が中心となってほかのプロジェクトに展開していきたいと考えています。

就活を控えたみなさんへメッセージ

就職活動は自分のやりたいことを見つめ、自分に合った企業を探す場であると同時に、その企業で働くことに対して「肚を決める」場でもあると思います。
どんなに注意深く自分に合う企業を探しても、入ってみてからのギャップは少なからずあると思います。この企業ならそういったギャップがあっても働いていけるという「肚決め」ができるまで妥協せずに就活に臨んでもらいたいです。

※2016年11月取材内容