ソフトウェアテストといえばSHIFT

新入社員の1日と声

入社後、間もなくお客様の元、最前線で働く事も可能なSHIFTの仕事。
密な研修があるからですが、第一に本人のやる気と工夫、日々の努力によってできることです。
個々に違う働き方、やる気を活かす事ができるSHIFTでの新入社員の一日を紹介します。

エキサイティングな状況に身を置き、会社の成長とともに自身も成長できることが何よりSHIFTの良い点だと思います。 工藤 瑞奈 2016年入社/営業本部 配属

現在の仕事内容は?

営業本部の中で、大手のお客様を中心に担当するグループに所属し、お客様の業務システム開発における、品質の向上や納期短縮、コスト低減など、テストのみにこだわらず様々な角度から日々提案を行なっています。 時に、1ヶ月数千人規模のプロジェクトに対する改善提案や、年間数千億規模のIT投資におけるテストフェーズの効率化などスケールの大きい案件に携わりますので、社内・社外で携わる方とともにチームで案件を推進していくことが主務となります。また、自分で新規に開拓した案件もあり、そこでは一人で担当もさせていただいています。

入社一年目。一日のスケジュールは?

8:30始業前にメールチェック

「朝は余裕を持って出社、手早くメールをチェック」

始業30分前に出社し、まだ静かなオフィスで手早くメールをチェック。すぐに対応できるものは返信し、そのほかはリストアップしてその日のタスクに追加します。

9:20営業本部朝会

「タスクをチェックし、効率良くチームが動けるよう調整します」

全社での朝礼のあとに続いて、営業本部の朝会が毎日行なわれています。ここでは各メンバーがその日のタスクを伝え、全員で共有します。前日までの報告や成果の発表なども行なわれ、全体の状況を把握することができる重要な時間です。

SHIFTの営業はお客様の業界のカテゴリーごとに、いくつかのチームにわかれています。朝会で全員のタスクをチェックし、自分のタスク以外にも、お互いにフォローできるか考え、調整を行ないます。

10:00お客様の状況を確認

「状況を把握して整理します」

担当案件を中心に、メールなどからお客様の状況とプロジェクトの進捗を確認。チームで連携して対応できるよう、状況を整理し、連携をとります。

11:00お客様を訪問

「なぜ、そこにSHIFTが必要なのかを考える」

先輩とともにお客様を訪問。私の所属するチームが担当するお客様には、業界を代表する大手企業も多いのですが、そこで求められるのは単純なテストの実行だけではなく、プロジェクトを円滑に進めたい、品質を上げつつコストを下げたい、といったビジネス上のもっと大きな目的やゴールがあります。それを実現できるのは、企画・開発の上流から運用までのすべてをサポートしているSHIFTだけだと思っています。長く有効なパートナーシップをお客様と築いていけるよう、先輩からいろいろ学びつつ、自分も丁寧なヒアリングを心がけています。

SHIFT全体もそうですが、私たち営業が目指しているゴールは、「ソフトウェアテスト」という手段を用いて、そのお客様が何をゴールとしているのか、なぜSHIFTが必要なのかを考え、互いに求めている「品質向上」に到達することです。お客様のニーズの芯をとらえてご提案ができるよう、最大限に想像力を働かせる必要があります。目の前のタスクに焦点がいきがちで、思う以上に目線を高くすることが難しい毎日ですが、日々努力!コツコツ前進しています!

17:00ミーティング

「ディレクションが不可欠です」

お客様訪問の結果をチームで反省、次のご提案に向けた社内ミーティング出席。お客様の求めているものとSHIFTがご提案できることを調整し、携わるメンバーを連携させて最大限の効果を引き出すにはディレクションが不可欠です。私が得意だなと思っている俯瞰力と、調整するバランス力を発揮することができているように感じています。

18:30潜在顧客の発掘とフォローアップ

「潜在的なニーズも探っていきたい」

既存顧客、サービス提供実績のある企業、名刺交換実績のある方々の情報データベースを管理・更新します。営業部内の業務がスムーズになるようにという大命題とは別に、新たなお客様と受注の獲得を目指し、積極的なアプローチとその為にどんな提案ができるかを考える貴重な時間です。

仕事における、やりがいと難しさは?

SHIFTの営業は、テストのみならず、お客様のビジネスを真に理解し、有効な提案をすることが求められます。これまでテスト業務で培ったSHIFTならではのノウハウを活かし、上流工程からお客様に寄り添う心が大切で、要求されるスキルの非常に高い、難しい仕事だなと思いつつ、大きなやりがいも感じています。

SHIFTのオススメポイント!

SHIFTのオススメポイントは、代表の「できないとは言わない。できると言った後にどうやるかを考える」という言葉に象徴される、チャレンジできる環境です。 ビジネスでは日々刻々と状況が変わりますし、常に新しいことへの挑戦も求められます。 エキサイティングな状況に身を置き、会社の成長とともに自身も成長できることが、何よりSHIFTの良い点だと思います。

今後の野望、目標は?

営業として、ひとつの領域を担当することです!
今は、先輩から学ぶ日々ですが、自分でリードからクロージングまで行えるようになること、価値あるソリューションを確立できること、これらを目指していきたいと思っています。

就活を控えたみなさんへメッセージ

営業では、ITの知識以外にも、財務や経営に関わる知識が必要になるなど、総合的な能力が問われる機会が多いように感じます。自分が学んできたことと関係が薄いかなと思われるインターンでの知識などが、かなり役に立っています。自分の専門分野や得意領域にこだわらず、色々な経験の引き出しをつくることが大切だと思いました。
また内定先の同期だけではなく、業界を問わず人との繋がりを築くことは、社会人になってからもとても活きる財産だと感じています。

※2016年11月取材内容