ソフトウェアテストといえばSHIFT

新卒採用

2016年卒 新入社員インタビュー

ユーザーの方がさらに満足できるようなサービスになるよう、付加価値を提供していきたい 工藤 瑞奈  京都大学大学院 文学研究科

どのような軸で就活をしていましたか。

研究者になりたい気持ちがある一方で、アカデミアの閉塞感に常に疑問を持っていました。そのため、学部生時代から金融業界でインターンしたり、官公庁や国際機関を訪問したり、大学の外の世界を見ていこうという気持ちが常にありました。
自分の将来のキャリアについて悩むなかで、すでに社会人三年目になる大学学部時代の同期の様子も参考にしていました。会社に入社したあとも、みんな自分の将来の道を試行錯誤しており、就活中にどれだけ情報を収集してもキャリア選択に正解はないということだろうなあと感じました。
それならば、組織が柔軟で、会社自体の成長の見通しがイメージできる会社を探そうと思いました。
また自分の得意なことを訓練しながらビジネスの基礎力が培えそうな会社を回りたいと考えていました。

SHIFTとはいつ、どんな風に出会いましたか。

日本のベンチャーってどういうことやってるんだろう?と思い、IVS(Infinity Ventures Summit)に参加しました。
そのセッションで社長の丹下さんが話していたのを聞いたのが最初です。
他のベンチャーが営業力中心の事業内容であったのに対して、技術力など堅実なビジネスモデルのコアコンピタンスを感じました。
自分はエンジニアとしてのバックグラウンドはないので、当時は実際に働くイメージを持ちにくかったのですが、なんとなく面白そうな印象を持ちました。
説明会や選考を進めていくなかで、社風も実感でき、自分が働いていけそうなイメージが少しずつ湧いてきました。

そのときの印象や、選考を進んでみての感想(説明会の印象、社員、社風など)はどう感じましたか。

丹下社長の印象は、いい意味で人を圧倒するオーラとパワーがあるなと感じました。中国や東南アジアなどでの知り合いが多いのですが、彼らは成果に貪欲でリーダーシップがあります。丹下社長からは同じような印象を持ちました。
自分自身はそういう環境にいることが多かったので、丹下社長を中心とするSHIFTというチームでなら私も一緒に働いていけそうなイメージが持てました。選考中も社員の方はどんな質問にも答えてくださり、SHIFT全体が柔軟で風通しの良い雰囲気なのだろうと感じていました。

なぜSHIFTを選びましたか。

「夢があること」を採用基準にしていたのが決め手だと思います。個人の価値観と会社の価値観が同じ方向を向くことを特に重視する日本企業の中では、SHIFTは自分の価値観や軸を大切に温めていくことができるという貴重な環境があると感じました。
また自分も細かい地道な勉強が好きな部分と、視野を広げて思考する部分の両方が好きなので、ソフトウェアテスト事業のなかでも自分の力が発揮できる機会が多いのではないか、と考えています。

具体的にどの点で自分の能力を伸ばし発揮できるのかわかりませんが、何事にも貪欲に学んでいく姿勢を常に持っていきたいと思いますし、ユーザーの方がさらに満足できるようなサービスになるように少しでも付加価値が提供できるように努力していきたいと思います。

最後に、ご自身の就活を振り返って、就活生へのメッセージをお願いします。

「就活」もそれ以外のいろいろな時間を大事にして、頭と感性をフルに使って、自分は何がしたいのか、どうなりたいのかを常に問うことが大事だと思います。
悩ましいこともたくさんあるかもしれないけど、全部チャンスだと考えて前向きに取り組んでください!