ソフトウェアテストといえばSHIFT

新卒採用

2015年 新入社員インタビュー

この方の下で働いて成長したい、ついて行きたいと思いました。  大谷 勇樹  東京理科大学 理工学部  土木工学科

SHIFTとの出会いは、どんなきっかけでしたか。

ホームページを見て、内定者や先輩方のインタビューを読んだときに面白そう、社長がとても魅力的な方なのだろうと思い、説明会に参加させて頂きました。

説明会に参加した最初の印象はどうでしたか。

事業を詳しく知りたくて参加したのですが、会社の話は全く始まらなかったのが印象的でした。
しかし、その際登壇されていた取締役の方の話に聞き入っていましたし、既にそこでSHIFTに惹かれていました。選考途中でお会いした先輩方とお話しさせていただいた際には、他社の選考中にお会いした先輩よりも志の高さを感じました。そして社員のみなさんが丹下代表のお話をされるので、ぜひお会いしたいと強く思いました。

最終的にシフトを選んだ決め手はなんだったのでしょう。

承諾理由の前に、選考に進もうと思ったエピソードを話すと、入社をするかは別として、とにかく丹下代表のお話を聞くなり、お会いしたいという気持ちがあり、選考に進みました。面接していただいた人事担当の方に「丹下が説明会などで登壇する予定はないけれど、最終選考まで進めば会えますよ」と言われたので、最終選考まで行くしかないと思いました(笑)。
承諾理由は、会社に入って働くならイノベーションを起こせるような新しい事業を行っている企業で、早くから裁量をもって働ける企業が良いと思っていたので、経営理念などが自分の思いとマッチングしている部分が多かったこと。また、目標のために将来は独立したいという私の考えも理解していただけましたし、なにより先輩や同期に優秀な人が多くいるのが魅力的でした。

丹下の印象はいかがでしたか。

面接当日はとても緊張してしまいましたが、実際お会いして話し始めたら緊張も解けて楽しくお話しさせていただきました。
丹下代表の目標をお聞きして、その返答次第で内定承諾するか決めようと思っていたのですが(まだ内定もらってないのに(笑)。)結果として即日承諾しました。
この方の下で働いて成長したい、ついて行きたいと思ったからです。

SHIFTでどんなことをやってみたいですか。

大きな目標はあるけれど、実際今の私にはまだビジネスのスキルは勿論ないですし、なんでもやりたいと思っています。「出来ないと言わない、出来ると言った後、どうやるかを考える」という行動指針の通りやっていきたいです。アウトプットのためのインプットが1番効率良いと思っているので実行するのみです!!
もっと具体的な話をすれば、まずコンサルティング業務を通して、課題解決能力や効率化する力を身に着けたいと考えています。次に、ビジネスの世界なので数字で結果を出して、新規事業を任されるような人間になることが目標です。

最後に、就活生へのメッセージをお願いします。

就職活動は個人個人で違いますし、参考にならない点もあると思います。でも私が就職活動を通して感じた事を一方的にですが言わせてもらうとすれば、就職活動は自分の将来を考える良い機会なので、それを無駄にしないで欲しいです。大きく有名な会社に決まった人が、早く決まった人が、多くの内定をもらった人が勝ちというわけではありません。会社とうまくマッチングできた人が就職活動においての成功者であると思います。
ミスマッチを回避するためにも、自分が何をしたいのか、10年後にどうなっていたいのか考えてみてください。その答えがでるか否かではなく、考えることに意味があると思います。また、ミスマッチしたからダメというわけでもありません。遠回りと感じるかもしれませんが、その企業と合わなかったということが分かっただけでも進歩です。人間は過ちを犯す生き物です。その過ちから何かを学び、糧にすることの繰返しで人は成長していくのだと思います。
熱く語ってみましたが、あいうえお作文で言えば

S 就職活動をとおして

H 本当の自分と

I 一生懸命

F Face to faceで対話することに

T 取り組んでみてください。

※2014年6月取材内容