ITシステム開発におけるトラブルプロジェクトの早期解決に向けたテスト支援サービス
「SHIFTファイヤーレスキュー」の提供を開始
~金融・流通業界向けトラブル解決専門チームを結成~

この度SHIFT(本社:東京都港区、代表取締役社長:丹下大、東証マザーズ:3697、以下SHIFT)は、ITシステム開発を行う企業向けに、トラブルプロジェクトの早期解決に向けたテスト支援サ―ビス、「SHIFTファイヤーレスキュー」の提供を本日2017年12月6日(水)より開始します。

「SHIFTファイヤーレスキュー」は、これまでSHIFTが収束したトラブルプロジェクトの解決ノウハウをもとに、お客様のトラブル状況に応じた4つのサービスを組み合わせてカスタマイズするテスト支援サービスです。サービスの推進は、各業界別に経験が豊富な専門家を中心に編成した「SHIFT ファイヤーレスキュー専門チーム」が対応します。「SHIFT ファイヤーレスキュー専門チーム」には、特に本サービスのニーズが高い、金融・流通業界に特化した専門家を多く配置し、今後は、製造・ERPなどの各業界別のチームも強化し、様々な業界の企業に対する課題解決に向けたテストをご支援します。

IT業界のシステム開発におけるトラブルプロジェクトの主な要因は、プロジェクトの高難度化に伴うプロジェクトマネジメントのスキルアンマッチや作業負荷の集中で、またそれらの多くは開発の上流工程にあると言われています。しかし、多くのトラブルは開発の下流工程であるソフトウェアテストの段階になって初めて顕在化されます。そのため、リリースまでの短い期間でプロジェクトを再構築することができず、プロジェクトの半数近く(42.3%)が遅延し、それに伴い予算超過(42.4%)をしているのが実情です。(※1)

(※1)500人月以上のシステム開発プロジェクトにおける工期・予算・品質の達成状況
出典:一般社団法人 日本情報システムユーザー協会 「企業IT動向調査報告書2016」p.29,30

SHIFTは、これまでに携わった1万件を超えるプロジェクト支援の経験により、リリースを1年以上延期していた大型トラブルプロジェクトに対しても、品質保証の観点から、収束に向けた支援を多数行ってきました。その経験をもとにトラブルプロジェクトに共通する要因に合わせた解決ノウハウを体系化し、システム開発を支援します。

■トラブルプロジェクト早期解決のためのテスト支援「SHIFTファイヤーレスキュー」 概要
「SHIFTファイヤーレスキュー」では、4つのテスト支援サービスを組み合わせサービスを体系化しています。 

SHIFTは、すべてのソフトウェアに安心と安全を提供し、ソフトウェア業界のさらなる発展と躍進に貢献してまいります。

【「SHIFTファイヤーレスキュー」サービスサイト】
本サービスの詳細は以下サービスサイトをご確認ください。トラブルプロジェクト解決のtipsを記載したコンテンツもご用意しています。
http://softwaretest.jp/topics/fire_rescue/

■本プレスリリース本文は以下よりご覧いただけます
https://www.atpress.ne.jp/news/144387

【本件に関するお問い合せ】
株式会社SHIFT  マーケティング室
電話:03-6809-2979 / Email : marketing@shiftinc.jp